能登からの帰りは… 郡上八幡


先月、友人二人と出かけてきたのは…

水の町、小京都こと、郡上八幡へ!

この町を流れているのは長良川主流の吉田川、ここは夏に少年たちが飛び込む有名な川です。いまでは、飛び込み徘徊があるほど…その話を三人で話しながら下を覗くと…「高い!」… 🙂

そして、この地方で有名な「飛騨牛」と「鮎」、この二つの食材を食せるお店を探してブラブラ…。地元の人に聞いたお店は残念ながらお休み、最終的に選んだのは古民家風のお店。いかにも観光客向けの店でしたが、三人とも空腹に負け入店!

すでに奥座敷にお客さんがおり、空いている隣のお座敷に案内されまして、

飛騨牛の焼肉丼(特盛):友人K氏

飛騨牛のロースステーキ定食:友人I氏

奥美濃古地鶏鍋:わたくし

&鮎の塩焼き

そして、地酒…

感想は、飛騨牛は味付けはおいておきまして、脂の質もしつこくなく日本人好みのやわらかい和牛でした。鮎は脂ものって非常においしかったのですが、私としては化粧塩は要らないのではないかとつくづく思います。まるごとかじりたいからねぇ~。

と、そのとき入り口から、聞きなれた声が…ふと振り向くとカメラ、マイクを持った7,8人が表れて、その中の一人が「ちょっと、鮎を食べたいんだけど…」と…、その声は”関口宏”さん!BSのご自身番組のロケでした。スタッフや周りのお客さんにも気遣いしながらで、テレビで見るそのままのジェントルマンでした。ゴルフ好きということで、是非御殿場へと話をして記念撮影!

楽しかったですね。またこんな旅行きたいですね。