鯛飯


11月初旬、友人4人で冬のカワハギ釣りに挑戦!

肝パンのカワハギを狙い、おなじみ宇佐美港、治久丸さんにて出港!

しかし、水温がまだまだ高く魚探の反応はあるものの食いが渋く、終わってみれば15枚…

翌日活〆したカワハギをさばいてみましたが、キモはまだまだ…ですが、身はカルパッチョやリゾットになりました。

友人二人からいただいた、外道??、真鯛とメイチダイはまかないの鯛飯に!…

ここで人手間かけたらおいしいレシピをご紹介!

まず、3枚におろし

カマも半分に割り、アラはオーブンにてカリカリに

身は一塩して直火にてさっと炙り、

香ばしく焼いた骨はこぶ一枚で出汁をとります。(アクをとりつつ約20分)

といだ米1に対して先ほどのダシ汁(醤油、酒、塩、入り)1、濃いおすましな感じですね。さらに、身と出汁をとった骨も一緒に入れて炊き上げます。

おすすめは、with 出汁をちょっととっておいて澄まし汁 with 切り身と野菜で掻き揚げ

まるごと真鯛&メイチダイの定食でございます。追伸、あまった鯛飯はおにぎりにして醤油を塗りながら焼きおにぎりにして、薬味と一緒にほうじ茶でお茶漬けにしてもOK。または先程の掻き揚げをちょっと崩してのりを巻いて天むすに!もう最高であります。

buon appetito!!