親しい先輩がブラジルから帰国して…


以前ハワイで働いていた時の先輩が、長年暮らしていたブラジルから帰国しました。久しぶりに連絡が取れ、懐かしい話をしながら今度是非東京で一杯やりましょうということになりました。

彼の話によると、何年ぶりかに帰ってきた日本をいろいろ食べ歩き、飲み歩き、感じたことは、久しぶりの日本のBGMの単調さ(ボサノヴァやジャズ)だったそうです。

そして、ブラジルで慣れ親しんだショーロという音楽を日本に広めたいと思い、去年音楽サイトを立ち上げました。早速サイトを開いて聞いたその”音”は何か懐かしく、私の心にスーっと入り込んできました。とても和んで、これからの季節、なんだかお酒も恋もたくさんしそうな感じ……「だって南米だもの」…。

もし興味のある方は、是非

「fonfon]」

最高です。